2021年 9月 24日 (金)

「湯葉のパック」も登場!「食材コスメ」でナチュラル肌に

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   近年のロハスブームでナチュラルコスメが人気を集めるなか、"食材を使ったコスメ"が注目されている。湯葉100%のパックから、自宅で作れる日本酒を使った化粧水などバラエティ豊かだ。

「豆腐屋の手は色白」から生まれた「湯葉パック」

湯葉をまるごとパックにした「雛(HIINA)」
湯葉をまるごとパックにした「雛(HIINA)」

   豆乳からできた湯葉をまるごとパックにした「雛(HIINA)」。販売しているi-on(東京都新宿区)の広報担当者によると、

「原材料は豆乳100%というこれまでにないパック。添加物は一切入っていないので、肌が敏感な人にも安心して使ってもらえる」

という。

   成分や作る工程は食用の湯葉と同じだが、より厚めに作っていて、パックが肌に密着し成分が十分に行き渡るように豆乳を多めに含ませている。

   そもそも"湯葉パック"を作ったきっかけは、豆腐屋の手が色白であることに着目したのだという。そこから女性社員によるプロジェクトが立ち上がり、試作を重ねて07年夏に販売を開始した。

   使い方はカンタン。冷凍保存されたパックを自然解凍し、洗顔後に約15分間、肌に乗せる。湯葉の表面が乾いたらパックを取り、ぬるま湯か水で顔を洗い流す。通常の洗顔では落ちない余分な皮脂や汚れを毛穴の中から溶かし出し、肌をやわらかくして化粧水や美容液の浸透を高めるという効果がある。

   ホームページには、

「10代から気になっていた毛穴がすっきりした」
「アゴのラインにできていた大人ニキビがよくなった」

といった20代後半から40代前半の女性の感想が紹介されている。

   広報担当者は、

「肌が白くなったという声もよく聞かれる。毛穴の汚れが落ちて肌が全体的に明るくなったためではないか」

と話している。

   価格は5枚入りで6000円だ。1枚1枚が手作りであることと、冷凍のコストがかかっているためにやや高めだが、特にエステで使いたいという問い合わせが増えている。現在のところは、サイトで通信販売のみの扱いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!