「ゾンビ」に美女が立ち向かうホラー映画

印刷
恐怖に顔を引きつらせるサラ役のミーナ・スヴァーリ
恐怖に顔を引きつらせるサラ役のミーナ・スヴァーリ

   「アメリカン・ビューティー」で鮮烈デビューを果たしたミーナ・スヴァーリ主演による最新作「デイ・オブ・ザ・デッド」(配給・ムービーアイ)が、2008年8月30日より、東京・銀座と渋谷を皮切りに公開される。

   同映画は、ゾンビフリークも真っ青という大迫力のホラー映画で、米コロラド州が舞台。正体不明のウイルス性疾患蔓延を契機に病院内でゾンビが爆発的に増殖し、人々は次々に感染してゾンビ化していく。そんな怪物たちとミーナら州兵部隊のバトルの末に現れたものは…。

   シアターN渋谷、銀座シネパトスで公開後、全国順次ロードショー。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中