2021年 7月 31日 (土)

ペット「高齢化」 介護商品市場拡大

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「高齢化社会」は人間世界の話だけではない。日本ではすでに子供の数よりペット数が上回っており、犬の平均寿命(15歳)は20年前の約2倍、猫(16歳)も5割増しで長生きしている。ペットも高齢化時代を迎えているなか、当然のように高齢ペットを対象とした市場が拡大しつつあるのだ。

「ペットも家族の一員」

尻尾も出せる「おむつパンツ」(ヤマヒサ)
尻尾も出せる「おむつパンツ」(ヤマヒサ)

   ヤマヒサのペットケア事業部は、2006年から老犬介護用品の販売を行い、いち早く高齢ペット用品に携わっている。展開するのは「歩行補助ハーネス」や「おむつパンツ」「床ずれ予防ベッド」などで、人間の介護用品とほとんど変わりない。

「ペットを家族の一員として考え、人間と同じように扱い、できる限り長生きしてほしいと願う飼い主様が増えてきている」

と広告宣伝課の櫛部さん。

   ペットフード工業会ホームページによると、犬猫ともに10歳以上が30%近くにのぼっており、犬のみだと約半数が7歳以上であるという。

   ペットの高齢化が進んだ要因としては、室内で飼育する世帯の増加、年齢や犬種に合ったペットフードの開発、獣医療の高度化などが考えられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!