2021年 6月 14日 (月)

まるでEee PCの完コピ品!? デル製ミニノートPCの「違い」は何か

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米国の大手パソコンメーカー、Dell(デル)社がついにミニノートPC市場に参入した。「Inspiron Mini 9」の名称で現地時間の2008年9月4日に発表。5日現在、米国のほか、国内の同社サイトでも注文を受け付けている。

SSDの搭載でEee PCと真っ向勝負の形に

デルの初ミニノート「Inspiron Mini 9」がついに発売。Eee PCの強敵になる!?
デルの初ミニノート「Inspiron Mini 9」がついに発売。Eee PCの強敵になる!?

   この製品、概略はすでにアナウンス済みで、ミニノートPCの先駆者で大ヒット定番モデルのASUSの「Eee PC」の強敵になるのでは、と噂されてきた。実際にベールを脱いでみると、機器の構成と本国の価格設定はEee PC(の現在のメインモデルである901-X)を強く意識したモデルに思える。

   とりわけ注目なのは、メインの保存装置にEee PCと同じフラッシュメモリ(SSD)を採用したこと。これによってEee PCと真っ向から対決する形になっている。他のミニノートは容量比で価格の高いSSD採用に二の足を踏み、代わりに見栄えのする大容量100GB級のHDDを搭載。最大で10GB程度しか保存できないEee PCとの差別化を図っていた。

   大は小を兼ねるというし、HDD容量が多くて悪いことはない。しかし筆者の考えでは、インターネット利用を主目的とし、省能力で画面も小さく、その代わり小型で価格が安い「ネットブック」において、HDDだけが高級モバイルパソコン並みに肥大化していても、たいして意味はない。そして、持ち運びの機会が多く、使用する場所も不安定なモバイル環境では、容量があろうとなかろうと、HDDはつねに大きなウィークポイントである。

   なにしろHDDは一見すると頑丈そうな箱だが、中身は高速回転するアナログレコードに似た精密機械だ。とくに電源を入れてる間は、振動や衝撃が生じないよう全神経を集中して注意しないといけない。ちょうどレコードを聞くときのように――。

   パソコンのなかでも壊れやすいパーツとされており、いざ故障すればダメージは大きい。いくら振動・衝撃対策がされていて、そう滅多に壊れないと言われても潜在的な不安はぬぐえない。そもそも駆動パーツがないフラッシュのSSDならば、そうした心配から相当、自由になれる。消費電力、発熱、騒音、速度(これは製品差が大きいとされる)の面でもメリットがあるのだから、SSDミニノートの選択肢が増えたことは歓迎したい。

虎古田・純

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!