ケータイの中の「分身」が情報提供!?

印刷
「CLON」サイトの一部。クロンがユーザーの分身に
「CLON」サイトの一部。クロンがユーザーの分身に

   次世代のケータイコミュニケーションメディアを企画・開発するCLON Lab(東京・千代田区)は、自社が展開している知的エンターテインメントサービス『CLON』に「レコメンド機能」を追加し、2008年10月7日からサービスを始めた。

   『CLON』は、ケータイの中にユーザーの分身となる「クロン」を創り出し、その"もう1人のジブン"と多彩なコミュニケーションを楽しめるというもの。同年4月のスタートから08年9月末現在での累計アクセス数が3800万PV、累計ユニークユーザー数も94万人超えと、順調に推移しているが、さらに充実を図るべく、投入された「レコメンド機能」とはいかなるものか?

   サイトでは、「棒人間」のようにデフォルメされたキャラクター「クロン」が、ユーザーの"分身"のような存在として登場し、次のようにしきりに話しかけてくる。

「ボクとおしゃべりする?」
「キミはエジソンのこと、どう思う?」
「夏休みの話をしよう?」

   こうした質問に対して、25字以内で答えを書き込み、「話す」ボタンをクリック。すると、クロンは回答をもとにさらに話題を広げて行き、親密になるに従って、ユーザーの趣味・嗜好・行動特性を学習。また、過去の対話から得た情報をもとにしてユーザーに最もフィットした情報を提供していくのだという。

   利用料は無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中