2021年 7月 31日 (土)

芸人になりたけりゃ「お笑い学校」に行け!

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   芸能界は空前のお笑いブームに沸いているが、芸人を育成する「笑いの学校」の門を叩く人も増えているようだ。そのうちの一つ、東京のワタナベコメディスクールをたずね、芸人養成所の様子をきいた。

仕事や勉強をしながら「お笑い」が学べる学校

テンゲンの中島正晴さん(左)は大学時代に鍛えたボディで「筋肉芸人」を目指す
テンゲンの中島正晴さん(左)は大学時代に鍛えたボディで「筋肉芸人」を目指す

   ワタナベコメディスクールは、大手芸能プロダクションのワタナベエンターテインメントが2004年10月、東京・恵比寿に開設した学校だ。「お笑いタレント」「バラエティタレント」「放送作家」の3つの専攻ごとに、現役のお笑いタレントや放送作家が講師になって、笑いの基礎を伝えていく。

   授業は平日の夜や週末に設けられているため、仕事や学業と並行して通うことができる。平日はアルバイトをしながら学校に通う「芸人の卵」が多いが、なかには現役の東大生もいるのだという。

「東大1年の女の子で、入学と同時にうちのお笑いタレントコースにも通い始めました。まったくの未経験で入ってきたので、これからの可能性に期待したいと思います。」

と、ワタナベコメディスクールの坂本拓也主任は語る。

   ほかにも、北京五輪メダリストの練習相手をつとめていた女子柔道選手や47歳の英語塾講師など、コメディスクールに集まってくる生徒たちのプロフィールはさまざまだ。入学希望者の数も年々増えているが、その背景には昨今のお笑いブームがある、と坂本主任は言う。

「テレビではお笑い番組が多いですし、そういった番組を見てお笑いを目指す人が増えてきています。最近はスクールに入ってプロになるというのがスタンダードになってきていることもありますので、スクールに興味を持つ人が増えているんだと思いますね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!