2018年 7月 16日 (月)

「浮世絵」が里帰り!?「ボストン美術館名品展」

印刷
喜多川歌麿   《青楼仁和嘉女芸者之部 扇売 団扇売 麦つき》 Photograph (C)2008 Museum of Fine Arts, Boston. All rights reserved.
喜多川歌麿   《青楼仁和嘉女芸者之部 扇売 団扇売 麦つき》
Photograph (C)2008 Museum of Fine Arts, Boston. All rights reserved.

   東京都墨田区の江戸東京博物館で、特別展「ボストン美術館 浮世絵名品展」が2008年10月7日から08年11月30日まで開かれている。

   「浮世絵」は、明治期に多くの作品が国外に流出した。アメリカのボストン美術館も1876年頃から浮世絵の収集を始め、現在、5万点にのぼる版画や版本、肉筆画を収蔵しているが、これまでほとんど公開されなかった。本特別展では、ボストン美術館の膨大なコレクションの中でも特に優れた第1級の作品137点を時代別に展示する。「浮世絵史の教科書」のような内容になっているという。

   葛飾北斎美術館の永田生慈館長が監修し、ボストン美術館の収蔵品を2年おきに3回に分けて紹介する企画の第1弾で、すでに新潟や福岡で開催。東京が第1弾企画の最後になる。

   入場料は一般1300円、大学生・専門学校生1040円、高校生と65歳以上は650円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中