2019年 12月 8日 (日)

デザインを磨き上げる姿勢 ~ロス・ミクブライドの生み出す腕時計~

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   10月30日から開かれる「100% design tokyo」で僕の友人のデザイナー、ロス・ミクブライドが腕時計を発表、発売するというので、その腕時計を見せてもらった。パッと見た瞬間、ロス、これ前に出したのより大きいだけじゃないの、と口に出しそうになった。しかしよくよく見ると細部がほとんど違うのだ。職人が手直しをするようにロスはデザインを磨き上げた。

「ブラッシュアップ」は物づくりの原点

ロス・ミクブライドは本物の職人だ
ロス・ミクブライド本物の職人だ

   自戒をこめて言うのだけれど、このところすぐに次のデザイン、その次のデザインと前へ進むことばかりを考えて、磨き上げる作業も時間もないデザイン作業が増えているのではないだろうか。同じモチーフを再び使うと、それはもう見た、と言われてしまう。よいところを汲み取り、ブラッシュアップして新しいものを生み出す可能性は極めて高いし、工芸品はそうして今日の形を手に入れたものだ。ついつい忘れてしまう物作りの原点だ。

   「ノーマルタイムピーシーズ」はロスが2年前に立ち上げた時計のブランドだ。その代表と言えるデザインアイデアが、文字盤全体をふさぐ円盤に短針に当たる部分の長方形の窓を開け、この円盤が回転することで時間を表示するというもの。トリッキーでありながら、シンプルで美しい。同じアイデアで壁掛け時計も彼は作っている。


◆坂井 直樹 プロフィル

坂井直樹氏
ウォーターデザインスコープ代表/コンセプター。慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授。1947年京都市出身。京都市芸術大学デザイン科入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立。ヒッピー達とTattooT-shirtを売り、大当たりする。帰国後、ウォータースタジオを設立し、日産「Be-1」「PAO」のヒット商品を世に送りだし、フューチャーレトロブームを創出した。2004年デザイン会社、ウォーターデザインスコープ社を設立し、ケイタイを初めとした数々のプロダクトを手がける。現在auの外部デザイン・ディレクター。07年9月、新メディアサイト「emo-TV」を立ち上げる。同年12月には、日常の出来事をきっかけにデザインの思想やビジネスコンセプトを書きつづった「デザインの深読み」(トランスワールドジャパン刊)を著した。

>>>emoTV ムービーのココロミ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!