アルファの一部モデルに「TIバージョン」設定

印刷
インテリアではアルミ製スポーツペダルなどが採用される
インテリアではアルミ製スポーツペダルなどが採用される

   フィアット グループ オートモービルズ ジャパンは、「アルファ159」と「アルファ159スポーツワゴン」の一部モデルに「TIバージョン」を設定し、2008年11月1日から売り出す。

   販売されるのは、3.2リッターV6エンジンにシーケンシャルモード付6速電子制御式ATを組合せた、フルタイム4輪駆動の「アルファ159 3.2 JTS Q4 Q-トロニック TI」(セダン)と「アルファ159スポーツワゴン3.2 JTS Q4 Q-トロニック TI」(ステーションワゴン)。

   ローダウンタイプのスポーツサスペンションや19インチアロイホイール、専用サイドスカート、ブレンボ製のフロントブレーキキャリパーなどが与えられる。さらに、いずれのモデルも軽量化が図られているほか、走行性能においても「電子制御式Q2機能」を新たに備えることで、タイトコーナーなどでの駆動性能を向上させたという。

   価格はセダンが565万円、ステーションワゴンが583万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中