2018年 5月 21日 (月)

ビッグなお顔で、貯金も4倍

印刷
従来の「FACEBANK」(左)と「FACEBANK DODEKA」(右)
従来の「FACEBANK」(左)と「FACEBANK DODEKA」(右)

   バンプレストは2008年11月下旬、顔型をしたユニークな貯金箱「FACEBANK」シリーズの新商品として「FACEBANK DODEKA」を発売する。

   「FACEBANK」はモダンアート作家の高田栄一氏がデザインを手がけた貯金箱のシリーズで、これまで9種類を展開していた。奇妙な顔型のデザインと、硬貨を入れたときのユニークな動きが「キモかわいい」と人気を集め、シリーズ累計38万個を売り上げる大ヒットを記録している。

   新商品の「FACEBANK DODEKA」は従来製品よりもサイズを拡大。容積は4倍になり、500円硬貨だと約130枚を貯められる。また、お腹が鳴った音とゲップの音を収録しており、電源を入れた時とコインを入れた後に効果音が流れる仕掛けだ。赤と白の2色で価格は4987円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中