4880万円の高性能ベンツ 「SL 65 AMG Black Series」

印刷
120km/h以上になると伸長する電動格納式トランクリッドスポイラーも備えられる
120km/h以上になると伸長する電動格納式トランクリッドスポイラーも備えられる

   メルセデス・ベンツ日本は、「SL 65 AMG」をベースに、運動性能を向上させたモデル「SL 65 AMG Black Series」を、2008年11月4日から販売している。価格は4880万円。

   大型ターボチャージャーや専用設計のエアインテークなどを備え、最高出力を670psとした6リッターV12ツインターボエンジンを搭載。トランスミッションは、シフトダウン時の自動スロットルブリッピング機能を備えたAMGスピードシフトプラス付電子制御5速ATが組み合わされる。足回りはフロント/リアともトレッドが拡大されたほか、専用設計AMG調整式スポーツサスペンション、大径のコンポジットブレーキディスクと大型ブレーキキャリパーを採用するブレーキシステムが採用される。

   ボディはボンネットやルーフなどにカーボン素材を用いて軽量化が図られており、ベース車両に比べ約250kg軽くなっている。拡大されたトレッドにあわせ、前後フェンダー共に大きく張り出したものになり、さらにリアディフューザーや大型スポイラーなどと相まって迫力ある外観となっている。内装もシートにカーボン製AMGスポーツバケットシートや、カーボントリムを多用したドアパネルやセンターコンソールなどが採用されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中