2021年 8月 5日 (木)

人気キャラ「やわらか戦車」 ガンダムとのコラボもある?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「僕はガンダム世代なので……」

発売中のDVD「やわらか戦車~YAWARAKA TANK2~」。「やわらかアトム」も収録
発売中のDVD「やわらか戦車~YAWARAKA TANK2~」。「やわらかアトム」も収録

――「やわらか戦車」と「鉄腕アトム」とのコラボはユニークだった。コラボすることになった経緯は?

ラレコ 手塚プロから打診があったんです。いや、打診というよりも「やわらか戦車」をつくっているファンワークスの高山社長が、手塚プロの方と交わした世間話がはじまりです。当時、手塚プロのほうでも、キャラクター資産を開放して、二次創作物を推奨し始めたところで、一緒にやることになったんですよ。

――でも、アトムなのに弱いですよね?

ラレコ コラボでは、「強い」やわらか戦車を作るか、「弱い」アトムを作るかどちらかを描く選択肢があったけれど、やっぱり後者になった。結果的に名作に泥をぬってしまう形になってしまいましたけど(笑)。

――今後、コラボしてみたいアニメは?

ラレコ 僕はガンダム世代なので、もちろんガンダムです! あとは、サザエさんも好きなので、「やわらかサザエさん」はどうでしょうか。ただ、サザエさんの家には猫のタマがいるから、一家全員、どっかさらわれちゃって、おしまい――みたいな(笑)。
(編注:「やわらか戦車」は、アニメの中で戦場からネコにくわえられ、どこかに連れ去られてしまうシーンが多い)

――話題になっている、「せんとくん」はどうか?

ラレコ 個人的には好きです(笑)。以前、やわらか戦車に鹿の角を生やしたバージョンをブログ上で発表したことがあるんです。今思えば、あれはせんとくんっぽかったですね。いや正直、角を書き足しているときは、せんとくんを意識しまくりでした(笑)。角はなかなか似合っていたので、もし正式にお話をいただけたら、面白いかもしれないですね。

――最後に、今後の「やわらか戦車」の展開は?

ラレコ 「やわらか戦車」は2005年に発表してから、3か月で50社のオファーがあり、一気にキャラクタービジネスになってしまったんです。もともとは単なるショートムービーを作りたかっただけなのに、作品の展望もないまま一気にキャラクタービジネスに化けてしまった……。ですから、作品と向き合う時間が足りなくなってしまった反省があります。

 いまは、作品としての「やわらか戦車」に立ち返りたい、という気持ちが強いですね。連綿と連なっていくような物語をつくりたい。うた+アニメのPV的なものからはじまった「やわらか戦車」ですが、さらにストーリー的な部分に踏み込んで、より作品世界に没頭していきたいと思っています。

【ラレコプロフィル】
1971年生まれ、茨城県在住のフラッシュ・アニメクリエイター。脚本、アニメーション、音楽、声すべてを一人で手がける。もともとは漫画家を目指していたが、「カレーパンのうた」(2003年)の発表を契機にウェブアニメ作家に転身。05年に発表した「やわらか戦車」がインターネット上でブレークした。他に昆虫少女の活躍を描いた「くわがたツマミ」がある。07年には鉄腕アトムとのコラボレーション作品「やわらかアトム」を発表。08年10月、DVD「やわらか戦車~YAWARAKA TANK2~」が発売されたばかり。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!