世界限定200台、IWCとコラボしたベンツ

印刷
ルーフ部にはガラスパネルが使用されている
ルーフ部にはガラスパネルが使用されている

   メルセデス・ベンツ日本は、スイスの時計ブランド「IWC」とコラボレーションして、「SL 63 AMG Edition IWC」を、2008年11月18日に売り出した。

   エクステリアには、特別ボディカラー「designoマグノカシミヤ ホワイトマット」を採用、カーボン製トランクリッドスポイラー、リアディフューザーなども装備する。インテリアでは、カーボン素材をセンターコンソールやドアパネルに用いるなどしている。

   また、IWCが特別に製作した腕時計「IWC Big Ingenieur SL 63 AMG」がオーナーには与えられる。直径45.5mmのステンレススチールケースに、ペラトン自動巻き機構のメカニズムを見せるサファイヤガラスのシースルーバックを採用したものとなる。

   世界限定200台となり、日本では10台が販売される。価格は2430万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中