2021年 9月 28日 (火)

「顔写真入りケーキ」も出る! 豪華なキッズ誕生パーティー

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   最近、体調を崩して手術することになったため、少しお休みをいただいておりましたが、今回より再スタートしますので、これからもよろしくお願いします。

   さて、手術の前でしたが、立て続けに娘の友達の誕生パーティーに出席する機会がありました。プリスクールに通い出すとこういったイベント参加が増えるとは聞いてましたが、本当にそうなんですね。

   その、派手さには本当に驚くばかり。知人の「誕生会をするために借金するハメになる」という言葉を思い出しましたが「こんなに幼いころから豪華なことをやっても、子供の記憶にどれほど残るのだろうか?」というのが素朴な疑問です。

「ボーリング場」は誕生パーティーのメッカだった!?

子供のうれしさが写真から伝わってきます
子供のうれしさが写真から伝わってきます

   最初の誕生パーティーの会場はなんとボーリング場! 隅の2レーンを貸し切りにして子供達がプレーするのですが、ガーターがでないようサイドにはロープが張ってある。なるほどこれはグッドアイデア。で、肝心なパーティーをやる場所自体はその後方にありました。

   用意されたテーブルは風船などで飾られ、そこでピザやケーキを食べたり、プレゼントを開けたりするのです。

   次の誕生パーティーもこれまたボーリング場でした。結構、ボーリング場での誕生パーティーがアメリカの都市部ではポピュラーになっているということでしょう。ただ、この時はボーリングせず、場内の一角にあるパーティールームでの誕生パーティーでした。

   ピンク色の風船が部屋いっぱいに飾られ、壁のあちこちにこれまたピンク色の「Princess」や「Angel」といった文字が踊っています。

   40人もの子供達が招待されたこの会は、手作り感満載。料理は、誕生日を迎えた主役の女の子の母親と、その家族の手による物で20品ほど並べられていました。女の子と母親が着用しているドレスも母親自身の手でつくられたものだとか。

   子供達のために、バルーン・レディー(風船をつくってくれる女性)と、顔や手にペインティングをしてくれる女性、オリジナルのStory Time(本の読み聞かせ)をしてくれる人がいましたが、極めつきは手品師! ウサギが飛び出したり、鳩がパッと消えたり・・・と大人も子供も大喜びでした。

野村香奈

アメリカで子供を育てたくなった?
お金がかかりそうだけど、いい思い出になりそう。トライしたい
機会があればぜひとも!
自分の子は日本でいいです
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!