どこでも気軽に飲めるエスプレッソ

印刷
コンパクトで便利
コンパクトで便利

   雑貨の輸入などを手掛ける大作商事は2008年12月中旬、小型で持ち運べるエスプレッソマシン「ハンドプレッソ」を発売する。

   フランスで開発したもので、空気圧を使ってエスプレッソを抽出できる。エスプレッソマシンは電気で圧力をかける据え置き型が主流だが、「ハンドプレッソ」は長さ22cm幅10cmで重さも480gと持ち運びやすい。同社ではキャンプや登山などに携帯すれば、大自然の中でもエスプレッソを楽しめるとアピールしている。

   コーヒー豆をエスプレッソ用にパックに詰めた「E.S.Eポッド」専用。1度に最大50mlのエスプレッソを作れる。価格は1万4700円。

   エスプレッソは細かく挽いた豆を高圧で抽出したコーヒーで、イタリアやフランスで多く飲まれている。豆本来の味や香りを楽しめ、ミルクや砂糖とも良く合うことから日本でも人気を集めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中