2018年 7月 24日 (火)

アイドリングストップ機能を搭載 ベンツの「スマート」

印刷
エンジンの再始動にかかる時間は0.35秒
エンジンの再始動にかかる時間は0.35秒

   メルセデス・ベンツ日本は、「スマート フォーツー」にアイドリングストップ機能を搭載した「スマート フォーツー mhd」を、2008年12月2日から売り出した。

   ブレーキペダルを踏み、速度が8km/h以下になると自動的にエンジンが停止、ブレーキペダルから足を離すと再びエンジンが始動する仕組み。低速での走行が中心になる場合などは、センターコンソール上のスイッチにより機能をオフにすることもできる。

   価格は184万円~213万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中