2021年 4月 22日 (木)

西川口「再生」のカギ握る 「キューポラ定食」とはコレだ!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「上品」な蕨市の「和楽備茶漬け」

「豆腐ラーメン」
「豆腐ラーメン」

「和楽備茶漬け」
「和楽備茶漬け」

   2位は前回の"グルメ王"になった、さいたま市の「豆腐ラーメン」。

   醤油味のスープに、粘りある豆腐あんかけがのせられているラーメンで、昭和40年代に食堂のまかないとして発案された。

   豆腐がタップリ入っていることで「麻婆ラーメン」と間違われることもあるが、こちらは辛くないのだという。おなかも適度に膨れそうで、ランチにはちょうといいかもしれない。

   3位は蕨(わらび)市の「和楽備(わらび)茶漬け」。

   これは、じゃこや三つ葉などをのせた焼きおにぎりに、だし汁をかけて食べるもので、B級グルメにはふさわしくない(?)上品な味がするのだとか。すでに5~6店舗で出していて女性にも好評だという。

   開催地となった西川口は「風俗の街」としても有名だったが、近年は警察による摘発で違法風俗店が撤退、それにより飲食産業も衰退し、"空洞化"が叫ばれていた。

   この大会をきっかけにB級グルメの街として再生を目指す方針で、今回上位に選ばれた料理の普及を推進し、新たな街づくりを行っていくとのことだ。

   川口商工会議所「西川口 街づくりステーション」ではこう話している。

「『キューポラ定食』にしても、レシピ通りにつくるのは難しい。そのあたり、どこまで幅を持たせるか。それに、『鉄骨いなり』と『雷すいとん』のほうも、片方だけ取り入れたいといった要望にはどうするか、など、煮詰めなければいけないことが多いので、すぐに事は運びませんが、積極的に進めていきたいと思っています」
川口市のイメージってどんなの?
昔からの鋳物の街
風俗が多かった街
最近、色んな事件があった街
オートレース場がある
若者が元気
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!