2018年 7月 24日 (火)

住まいの「困った」に駆けつけるサービス

印刷

   大京グループの大京アステージは、マンションなどの水回りの不具合やガラスの交換、修理、玄関カギの紛失、蛍光灯など管球類の交換といったトラブルに対応する「住まいの駆けつけサービス」を2009年1月1日から始めた。マンションの共用部分や管理組合へのサービスだけでなく、専有部分に関わるサービスを充実することで、安心で快適な住まいを提供する。

   同社は2008年春から、大京グループが管理受託する既存のマンションを対象に提供しているトータルセキュリティサービス「セキュアプラス」のほか、専有部分についても「ホームセキュリティ」や「生活サポートサービス」の導入を推進してきた。今回の「住まいの駆けつけサービス」は、「生活サポートサービス」の追加メニューとして、「生活サポートサービス」を契約しているすべてのマンションに自動的に付帯している。

   契約はマンションの管理組合ごとなので、料金は管理費からの支出となる。個々の居住者については、トラブル時に駆けつけてから30分程度で済む簡単な修理や、蛍光灯など管球類の交換は年2回まで無料。部品交換などの際には割引がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中