2019年 7月 18日 (木)

「猫カフェ」行ってみた? マジでハマるかもよ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   コーヒーを飲みながら気ままに猫と戯れる昼下がり――自宅での話ではない、ここはれっきとした喫茶店だ。その名も猫カフェ。2008年から、首都圏を中心にこうしたカフェが増えつつある。首都圏でも新宿や池袋を中心に、現在25店舗ほどの猫カフェが存在しているのだ。

発祥の地は台湾

ネコちゃん、リラックスしすぎて大あくび(写真提供「ねこのみせ」)
ネコちゃん、リラックスしすぎて大あくび(写真提供「ねこのみせ」)

   猫カフェは一見普通の喫茶店と同じで、客はお茶やお菓子を注文してくつろぐことができる。普通の喫茶店と違うのは、店の中のいたるところに猫がいるという点。店によっては飲食スペースと猫と遊べるスペースが分かれているところもある。

   お店によって違いはあるが、猫カフェではだいたい10匹前後の猫が「働いている」。といっても、店内を気ままにゴロゴロしているだけなのだが、客は店にあるおもちゃなどで気を引いたりして遊ぶことも可能。基本的に料金は時間料金制の「入場料」+飲食代で、1時間あたり1000~2000円くらいが相場だ。

   猫カフェ発祥の地は、台湾。1998年ごろ「猫花園」を筆頭に始まり、現在でも台北市内を中心に約10店ほどの店が存在しているという。ただし、台湾の猫カフェは猫とのふれあいが目的ではなく、あくまで「猫のいる喫茶店」というスタンス。したがって日本のような時間制はとっておらず、日本の猫カフェとは事情が違うようである。

   東京都・町田市にある猫カフェ「ねこのみせ」オーナーの花田憲昌さんはもともと猫にはあまり興味がなかった。しかし、2004年7月、台湾に旅行した際「猫花園」に行き、初めて「猫カフェ」を体験。猫のいる和やかな雰囲気に魅了され、「こういう店、日本にもあったらいいなあ」と考え、05年6月に開店したのだという。

   現在、在籍(?)する猫の数は12匹で、いずれも個性があってカワいい子ばかり。店内には無料のマッサージチェアがあり、食べ物の持ち込みも可だ。

飼ったことのある(または、現在飼っている)ペットは何?
ワニ
イヌ
タコ
ネコ
クマ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中