2018年 7月 16日 (月)

防水タイプも登場!ビデオカメラ

印刷
防水タイプの「-CA9」(上段)と「-WH1」
防水タイプの「-CA9」(上段)と「-WH1」

   三洋電機はデジタルムービーカメラ「Xacti」シリーズの新製品5機種を2009年2月6日から順次発売する。「Xacti」シリーズは持ち運びやすい小型サイズで、動画に加え写真も撮影できることから人気がある。

   売り出すのはフルハイビジョン対応の2機種と、防水タイプ2機種、普及モデル1機種。

   フルハイビジョン対応シリーズでは、撮影方式として業務用カメラで多く用いられているプログレッシブ方式を採用した。滑らかで鮮明な映像を撮影できるという。縦型の本体を採用した「DMX-HD2000」と、横型の「-FH11」の2種で想定価格は各10万円前後。

   同社によれば世界初の防水ビデオカメラだという防水タイプは、水中でも操作できる防水性能を持ち、海辺などの水辺に加えてスキーなどのウィンタースポーツの場面でも使える。900万画素の静止画撮影に対応する縦型の「-CA9」が5万5000円前後、光学30倍ズームを搭載する横型の「-WH1」が6万円前後。

   普及モデルとなる「-CG10」では、重さを従来機種より10%軽い171gに抑えたほか、デジタルカメラとほぼ同等の1000万画素の高画素で静止画を撮影できるようにした。想定価格は4万5000円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中