ノムさんのサイン色紙 「半額」どころじゃ…

印刷

   プロ野球「楽天イーグルス」の「ノムさん」こと野村克也監督が、ファンにサインをしている姿が2009年2月12日の各局スポーツニュースで報じられた。

サインにはめったに応じない

「オークションに出したら200万円で売れるよ」
「でもマジック(書き)だからちょっと値段が下がる。半額にしとくわ」

とは、ノムさん流のリップサービス。これを受けて司会者からは、

「(本気にしたディレクターに)売れませんから!」
「(本当なら)僕が久米島で2、3枚書いてもらってますから」

と「ツッコミ」が入っていた。

   ただ、推定年俸1億5千万円(2008年度)のノムさんが言う「200万円」は、ジョークにしては少しリアリティのある数字。加えて普段は、「この年齢になって下手なものを渡すのは失礼」と、サインにはめったに応じず、書くときは常に「毛筆」。この日は遠路、北海道から来たファンのために「特別に」対応したという。そんなノムさんのサインは、たとえマジック書きであっても、ファン垂涎の「価値」があるのかもしれない。

   本当のところはどうなのだろうか。J-CASTニュースはサイングッズなどを取り扱う会社の担当者に取材を行った。すると、確かに「希少」であることは間違いない、としながらも、

「100万円から200万円、というと松坂大輔(現レッドソックス)がメジャーリーグのデビュー戦で使用したボールに直筆サインの入ったものくらいじゃないと」

   さらに、

「野村監督のサイン色紙は、毛筆で、宛名がなく、座右の銘などが入っており、額装されたものでも、10万円から20万円がいいとこでしょう」

との答えが返ってきた。

   ノムさんはこの現実をどう受け止めるのだろうか。

日本のスポーツ選手関連で誰のサインが欲しいですか?
オグシオ
浅尾美和
ノムさん
松坂大輔
かおる姫
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中