「桑田佳祐」をカバーする スウェーデン美女「LISA」

印刷

LISA
『"Darling" LISA sings Keisuke Kuwata』
ASCM-6046
2800円
3月4日発売
Amuse Soft Entertainment


   スウェーディッシュ・ミュージックといえば、古くはスプートニクス、ABBA、ヨーロッパ、90年代にはカーディガンズなども世界レベルで活躍した……。いずれにしても、なにか知的で静謐とした印象を伴う。風土が醸し出すものだろうか?

   最近では、ジャズ・テイストの音楽も輩出している。Margarita Bengtson、LISAなどすでに来日した女性ジャズ・シンガーもいる。特にLISAは、デビュー・アルバムが日本でリリースされたのとほぼ同時に公開された映画、スティーブン・セガールの沈黙シリーズ『沈黙の激突』(06年製作 日本公開07年11月)のヒロイン・TIA役として日本にお目見えした。映画は今ひとつだったがLISAの美貌は光った。

   スウェーデン、ストックホルムの裕福な家庭に生まれた彼女は、幼い頃からヴォーカルレッスンを受けるなど、ショウビズの世界に憧れる少女で、やがてロンドン、ニューヨーク、L.A.などでエンターテインメント全般を学び、まず女優としてハリウッドデビューを果たす。そして07年には本国で自分自身のレーベルであるLovbrand Productionからジャズ・アルバム『EMBRACEABLE/エンブレイサブル』をリリースし、07年11月に来日している。

   LISAはその時、意外な曲と出合う。桑田佳祐の「風の詩を聴かせて」を偶然耳にし感動を覚えたというのだ。

「優しく語りかけるような彼の声は素晴らしく、セクシーで男らしさを感じました。帰りの飛行機の中で何度も何度も聴き返しました」

   さらに二度目の来日時に、桑田のライブを観てカヴァー・アルバムの制作を熱望するように。

「彼は、完璧なエンターティナー。ユーモア、愛、オーディエンスに対する気持ちが溢れるステージを前に、私は泣いて、笑って、手拍子して踊りながら観ていました」

   帰国後、桑田の約100曲の作品を聴き、そこから11曲をチョイスし、地元のミュージシャンばかりでなく世界的なプロデューサー、デヴィッド・フォスター他、世界レベルのミュージシャンの参加も得て『"Darling" LISA sings Keisuke Kuwata』を完成させた。

   LISAの歌う、ジャズテイストで彩られた桑田の楽曲は、新しい息吹に溢れて瑞々しい。

   最近、海外アーティストが日本の楽曲をカヴァーするケースも増えている。元ミスター・ビッグのエリック・マーティンが日本の女性歌手のバラードを歌った『ミスター・ボーカリスト』は10万枚を越える破格の売れ行きを見せたが、LISAの歌う桑田作品からも、同じようなポテンシャルを感じる。

   スウェーデンの「美人」といわれて、真っ先に思い出すのは、グレタ・ガルボやイングリッド・バークマンではなく、LISA……。なんかそんな予感がする。

【"Darling" LISA sings Keisuke Kuwata  収録曲】
1. Darling / 「ダーリン」
2. Number One Girl / 「NUMBER WANDA GIRL~恋するワンダ~」
3. No Maybes / 「明日晴れるかな」
4. We Just Met (Shaker Song) / 「こんな僕で良かったら」
5. Lovers Again / 「風の詩を聴かせて」
6. Hold On / 「哀しみのプリズナー」
7. White Love / 「白い恋人達」
8. Journey / 「JOURNEY」
9. One Day / 「ONE DAY」
10. Tear of Love / 「現代東京奇譚」
11. Moon Song / 「月」


◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70〜80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中