ベンツの「Cクラス」に特別仕様車

印刷
スポーティ感を高めたモデル
スポーティ感を高めたモデル

   メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」の特別仕様車「アバンギャルド スポーツ リミテッド」を、2009年2月24日から売り出した。

   売り出されたのは、「C 200 コンプレッサー アバンギャルド」のセダンとステーションワゴン、「C 250 アバンギャルド」をベースとする全3種。外装にAMGアルミホイール、専用ブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスクを、内装にスポーツシート、専用デザインメーターパネルをそれぞれ採用し、スポーティ感を高めた。

   計500台の限定販売で、価格は「C 200」のセダンベースが527万円、ステーションワゴンベースが548万円、「C 250」ベースが636万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中