妖艶「W黒木」が「COTTON USAアワード」受賞

印刷
ミセスコットンの黒木瞳(左)とミスコットンの黒木メイサ
ミセスコットンの黒木瞳(左)とミスコットンの黒木メイサ

   やはりコットンが似合う女性は美しい――。コットンの「やさしさ」「さわやかさ」にふさわしい著名人を選出する「第6回COTTON USAアワード」が2009年5月12日、都内のホテルで開かれ、女優の黒木メイサさん、黒木瞳さん、ロックミュージシャンでタレントのDAIGOさんが「ミス」「ミセス」および「ミスター」部門で、また故・松田優作さんが「レジェンド」部門で選ばれた。

   黒のシックなドレスで現れたメイサさんは、

「コットン素材の物は日常で私にとって欠かせないもの。このような賞をもらってうれしく思い、緊張している」

とコメント。さらに、プロポーションを保つ秘けつを尋ねられると「もともと体をうごかすのが好きで特にダンスが好き。あとはジムに行ったり自転車に乗ったりもする。そういうときはタオルを使ったり、着心地のいいものを使うように気をつかっている」とコットン製品のアピールも忘れなかった。

   もう1人の「黒木」である黒木瞳さんは、コットン100パーセントで作られた「畑から採れたてのような洋服」を着て登場し、「体になじみ、着心地がいい。なにも身につけていないような軽やかさがある」と笑み。

   一方、手袋まで全身コットンできめてきたDAIGOさんは、

「コットンと愛称抜群。地球に優しい男になります。103パーセントコットン!」。 ちなみに「3パーセント」は祖父である故・竹下登元首相時代に施行された消費税の税率を踏まえての発言だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中