2018年 5月 26日 (土)

「レガシィ」3種、フルモデルチェンジ

印刷
ちょっと迫力のある顔つきになったかな
ちょっと迫力のある顔つきになったかな

   富士重工業は、「レガシィ」シリーズをフルモデルチェンジして、2009年5月20日から売り出した。

   「B4(セダンタイプ)」「ツーリングワゴン」「アウトバック」の3種同時にフルモデルチェンジ。搭載されるエンジンは2.5L4気筒SOHCエンジン、2.5L4気筒DOHCターボエンジン、3.6L水平対向6気筒DOHCエンジンの3種類が用意され、形式はいずれも水平対向。2.5LSOHCエンジンにはチェーン式CVTの「リニアトロニック」が、2.5Lターボエンジンには5ATまたは6MT、3.6Lエンジンには5ATがそれぞれ変速機として組み合わされる。

   3種いずれもボディサイズが拡大され、室内空間も広がり、室内にゆとりをもたせつつ十分な荷室も確保。荷室に加え座席周りにも収納を配置するなど、使い勝手を高めている。さらに、シャシーなどの設計を見直し静粛性や乗り心地も高め、ドライバーが運転を楽しみつつ、同乗者が居心地よく移動できる車を目指したという。

   価格は「B4」が220万5000円~328万6500円、「ツーリングワゴン」が236万2500円~343万8750円、「アウトバック」が267万7500円~370万1250円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中