日産のシステム搭載 ルノーの「コレオス」

印刷
日産の「エクストレイル」なども「オールモード4×4-iシステム」を搭載している
日産の「エクストレイル」なども「オールモード4×4-iシステム」を搭載している

   ルノー・ジャポンは、ルノー初のクロスオーバー車「コレオス」を、2009年5月27日に売り出した。

   全長×全幅が4525×1855(単位はmm)、最低地上高が200mmというオフロードにも配慮したプロポーション。最大トルク226N・m(23.1kgm)、最高出力126kW(170ps)の2.5L直4エンジンを採用、CVT変速機を経て4輪を駆動する。4WDシステムは走行状況に応じ前後のトルク配分を100:0~50:50まで変化させる、日産の開発した「オールモード4×4-iシステム」を搭載する。

   内装では、風切り音を抑えるための5層構造のフロントウィンドウを採用し、防音剤を多用することなどにより静粛性を高め、快適さを高めている。テールゲートを上下分割式として荷物の積み下ろしに配慮したほか、荷室も450Lの容量を備えるなど実用的なものとしている。

   導入されるグレードは3種類、価格は319万8000円~359万8000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中