「次世代シアターシステム」日本上陸

印刷
(上)映像が視界いっぱいに広がる
(上)映像が視界いっぱいに広がる

(下)IMAX(R)3Dの鑑賞イメージ
(下)IMAX(R)3Dの鑑賞イメージ

   視界いっぱいに広がる映像。映画の世界にいるような臨場感を楽しめるというシアターシステム「IMAX(R) デジタル・プロジェクション・システム」を東急レクリエーションが日本で初めて導入する。「109シネマズ」3館(川崎、菖蒲、箕面)に設置され、2009年6月19日から上映予定。

   公開作品第1弾は、「トランスフォーマー/リベンジ」だ。最新の映像技術を駆使した迫力あるアクションシーンが多く、従来のフィルム型の劇場では画質的に表現が難しいとされる場面も含まれる。しかし、デジタルデータを使用した新システムでは、処理容量が大幅に増え、鮮明でリアルな映像と高音質なサウンドを楽しめるようになったという。

   また、広い視界で映像を楽しめるカラクリは、スクリーンの設置方法にある。床から天井、壁から壁まで目いっぱいにスクリーンをつくるため湾曲させて設置し、観客を包み込むような形状にした。北米などでは、既に多くの劇場で導入され、好評のようだ。

「ここ数年、劇場自体の数は増加しているのに、観客数は横ばい状態。映画館に足を運んでまで鑑賞したくなる、そんな新しい技術が必要だと考えました。そこで、画質、音響、設計が斬新なこのシステムの導入を決めました」(東急レクリエーション担当者)

   今後は、3館以外の「109シネマズ」に導入することも検討している。また、作品によっては、立体的映像を楽しめる「3Dバージョン」も上映予定。

   入場料は、大人2000円、中学生・シニア1200円となる(トランスフォーマー/リベンジの場合の料金)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中