安全性を大幅に高めた新型「Eクラス」

印刷
丸みのある印象が強かった先代に比べると、かなりシャープなデザインだ
丸みのある印象が強かった先代に比べると、かなりシャープなデザインだ

   メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラス セダン」をフルモデルチェンジし、2009年5月26日に売り出した。

   7年ぶりのフルモデルチェンジで、安全性を中心に大幅な進化を遂げたという。ボディ構造の見直しにより衝突安全性を向上させつつ、万一衝突した際にも9つのエアバッグや、頭部や頸部への衝撃をやわらげる機構を搭載するなど乗員の保護をはかっている。また、事故を未然に防ぐ装置として、フロントガラスに設置されたカメラが対向車など検知し、ヘッドライトの照射範囲を自動的に調整して視界を確保する「アダプティブハイビームアシスト」や、長時間走行時には運転者の疲労や眠気を検知して注意を促すシステムなどを搭載している。

   外装は、ツインヘッドライトを先代から踏襲しつつも、直線基調の多面的なデザインに仕立てられ、サイズも先代より大きなものとなった。全長×全幅は4870mm(先代比+20mm)×1855mm(+35mm)、ホイールベースは2875mm(+20mm)となり、室内空間も拡大されている。拡大された室内は人間工学に基づいた設計がおこなわれ、ダッシュボードなどには間接照明を与えるなどして快適さと高級感を演出している。

   ラインアップは3リッターV6エンジン搭載の「E 300」「E 300 アバンギャルド」、3.5リッターV6エンジン搭載の「E 350 アバンギャルド」、5.5リッターV8エンジン搭載の「E 550 アバンギャルド」の4種類。価格は730万円~1080万円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中