東芝ネットブックに10時間駆動モデル

印刷
10.1型の液晶画面を搭載する
10.1型の液晶画面を搭載する

   東芝はネットブック「dynabook UX」シリーズの新製品3機種を2009年6月13日から順次発売する。

   売り出すのは、最長10時間使える大容量バッテリー搭載の「UX/25JBL」と、通常バッテリー(4時間駆動)搭載で、マイクロソフト社の「Office Personal 2007 2年間ライセンス版」をプリインストールした「UX/24JBL」と、通常バッテリーで「Office」を搭載しない「UX/23JBL」。

   いずれも液晶画面は10.1型で、CPUはインテル社製の低価格PC向けの「Atom N280」を採用した。また、記憶装置には容量160GBの大容量ハードディスクドライブ(HDD)を搭載しており、メモリの容量は1GB。

   30万画素ウェブカメラを内蔵するほか、旺文社の国語辞典、英和辞典など4辞典を収録するなど、機能性も高めた。

   想定価格は「UX/25JBL」が6万5000円前後、「UX/24JBL」が7万円前後、「UX/23JBL」が6万円前後。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中