おいしいお茶が飲めるマホービン!?

印刷
プラチナ粒子がお茶をおいしくする
プラチナ粒子がお茶をおいしくする

   象印マホービンは、お茶がおいしくなる「プラチナフッ素加工内容器」と湯沸し時間、蒸気、電気代をセーブする「トリプルセーブ湯沸し」を搭載したVE電気まほうびん「優湯生(ゆうとうせい)」(CV‐PS型2機種)を、2009年9月1日に発売する。

   電気で沸かしてまほうびんで保温するVE(省エネ)構造。お茶がおいしくなる「プラチナフッ素加工内容器」は、内容器にプラチナナノ粒子を含んだフッ素をコーティング。プラチナの触媒作用によって、ポット内の水質を弱アルカリ化することで、お湯が茶葉の内部まで浸透しやすくなり、お茶の風味をより引き出す。「トリプルセーブ湯沸し」は、3段階(70、80、90度)の温度設定までお湯を沸かして保温に切り替えるため、湯沸し時間を短縮し、蒸気を抑え、電気代をセーブする。

   プラグをはずしても、かるく注げる「電動給湯」と「液晶表示」も搭載。

   色はプライムシルバー。希望小売価格は、2.2リトッルが2万3100円、3.0リットルが2万4150円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中