「教習」専用車を安くレンタル  効率的なフランス「免許取得」

印刷

   フランスでは、運転免許取得のための教習車がレンタルできる。日本でもこの春、メルセデス・ベンツがレンタル用にCクラスの教習仕様車両を作って話題になったが、貸出し対象はあくまでも教習所。フランスでは個人が、助手席にブレーキ、ギア、方向指示器のついた教習車を、レンタカーとして借りることができるのだ。

値段は教習料金の半分以下 一日レンタルも可能

助手席にもペダルがついたレンタル教習車
助手席にもペダルがついたレンタル教習車

   教習車の貸出し条件であるが、運転者は教習所で実技教習を少なくとも20時間受けた経験があること。フランスには仮免許が存在せず、教習所の実技教習は1時間目から、いきなり路上である。つまり、レンタルは、路上ですでに20時間、教官指導の下で運転した経験がある人に限られるわけだ。もう一つの貸出し条件は、21歳以上の免許取得後3年以上経っている人が助手席に乗ること、である。

   フランスでは、原則として、教習所で20時間の実技教習を受ければ、免許取得試験に臨めるが、試験合格までの平均教習時間は32時間だという。教習料金は1時間40ユーロほどかかるが、教習車のレンタル料は15ユーロ程度、と半分以下で済む。つまり、レンタル教習車を利用するのは、20時間の教習は受けたものの、試験に合格するだけの運転能力が身についていない人や、試験に落ちて、次の試験に臨む前に練習を積みたい人がほとんどなのだ。また、半日、一日単位のレンタルをすれば、料金も割安になるので、時間のある時に集中して練習すれば、時間もお金も効率的に使うことができるし、上達も早いに違いない。

嫌な教官と同乗する時間が減る、というメリットも

教習所は一見したところ「店」のようだ
教習所は一見したところ「店」のようだ

   利用者の声を拾ってみよう。40代になってから仕事で運転免許が必要になり、4度目の実技試験にこれからトライするという男性は「助手席には妻に乗ってもらっている。教官に厳しく注意されながら練習する時より、ずっとリラックスして運転できる。」。18歳の娘の練習に付き添う母親は「免許取得にかかる費用が安くなるし、娘の運転態度をチェックできるのが利点」。教習所でたまに見かける意地悪だったり、女性にセクハラまがいの態度をする教官たちと同乗する時間が減ってうれしい、という声もあるらしい。

   不況下のフランスで、実技試験合格まで教習所通いを続けるよりも、安く費用を抑えられ、しかも嫌な教官との関わりを減らせるというおまけつきのこのサービス、利用者が増えつつあるるらしい。

江草由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中