2018年 7月 22日 (日)

1800万画素!中級者向けデジタル一眼

印刷
1800万画素の高画質CMOSセンサーを搭載する
1800万画素の高画質CMOSセンサーを搭載する

   キヤノンは2009年10月2日、中級者向けのデジタル一眼レフカメラ「EOS 7D」を発売する。

   1800万画素の高画質CMOSセンサーを搭載するほか、画像処理回路も2基内蔵する。毎秒8枚の高速連写が可能で、連続で最大94枚撮影できる。撮影感度は常用モードでISO100~ISO6400、最大でISO12800に対応する。また、絞りや感度をユーザーが設定できるフルハイビジョン動画の撮影機能も備える。

   想定価格は本体が19万円前後、標準レンズ(15mm~85mm)付きが27万円前後、望遠レンズ(18mm~200mm)付きが26万円前後。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中