舞妓さんお墨付きの練り香水 冬の香りが登場

印刷
左が「椿の香り」、右が「柚子こぼれの香り」
左が「椿の香り」、右が「柚子こぼれの香り」

   常盤薬品工業は化粧品ブランド「サナ」から、「舞妓はんの練り香水」の第5弾「椿の香り」と「柚子こぼれの香り」を2009年12月17日から発売する。

   「舞妓はん」シリーズは、京都の花街「上七軒」の舞妓さん・市照さんの協力をもとに開発した、幅広い年齢層に注目されているシリーズ。 今回は、香りを精製オイルに溶かし込みワックス状に練り固めた「練り香水」に冬の香りが新登場する。

   「椿の香り」と「柚子こぼれの香り」は、濃厚な花の甘さと絞りたての果実を思わせる、和風な香り。練り香水特有の穏やかな香り立ちで、体温と共に少しずつ香り続けるという。

市照さんは、 「この練り香水は香り立ちがおだやかで、香りがほのかに続いて、ふとした瞬間にここちよく香る奥ゆかしさも人気の秘密どす」 とのこと。

   価格は、1個892円。

   使用方法は、指先にとって素肌に軽くなじませるだけ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中