「薪」値上げでイタタタタ   楽じゃない仏「エコライフ」

印刷

   フランスでは2010年1月から温暖化対策の一環として軽油、石炭、ガソリン、ガスに炭素税が課せられる。数年前からクリーン・エネルギーを利用する暖炉や薪ストーブの売上げが伸びているが、炭素税導入で、人気に拍車がかかるのか?

電気代が高く、電気暖房器具は不人気

冬の暖炉はロマンチック
冬の暖炉はロマンチック

   導入される炭素税の税率はCO2排出量1トンあたり17ユーロで、冬の暖房用エネルギーとして主に利用されているガスは1リットルあたり0.4サンチーム(約0.5円)、軽油は1リットルあたり4.5サンチーム(約6円)と少額ではあるが、暖房費の値上がりにつながるのは確かだ。ちなみにフランスは原子力発電の国なので、CO2を排出しない原子力発電による電気に炭素税はかからない。ただ、元々、電気代が高いこともあり、電気暖房器具は不人気である。

   一方で、エコ・エネルギー奨励のため、暖炉や薪ストーブ(熱効率の高いガラス戸付きのものに限定)の購入は、エコ減税の対象となり、購入費の40%が所得税から控除される。

   我が家は3年前、パリ郊外に中古の一軒家を買い、リフォームに際し、このガラス戸付きの暖炉を設置した。フランスでは暖炉があると、家の資産価値も上がるのだ。

   ところが、エコ減税の対象となったのは暖炉本体の金額のみで、設置工事代は入らないので、減税額は、総費用の20%程度に過ぎなかった。

寒い戸外での薪割りで腰を・・・

業者が配達した薪の山
業者が配達した薪の山
手前にあるのが電動薪割り機
手前にあるのが電動薪割り機

   また、当然、暖炉の燃料である薪を購入しなければならないが、これは、1ステール(1立方メートル)が、業者や木の種類によって異なるが、だいたい45~60ユーロ(約6~8千円)で、我が家は基本的に毎晩、暖炉を使い、ひと冬で4ステールほど消費する。しかも、薪は業者がトラックで運んで来るが、駐車場にどどーっ、と投げ置いて行く。後は自分たちで雨のかからない保管場所まで運び、積み上げなければならない。さらに薪割りも必要で、最初の年は夫が斧でせっせと割っていたが、寒い戸外での重労働で腰を痛め、2年目の冬には電動薪割り機を購入した。

   しかも、最近のブームで薪も不足気味らしく、値上がり傾向で、さらに本来、業者は2年間乾燥させた薪を売ることになっているはずだが、先月届いた薪は、最近伐採したとしか思えない湿り具合で、火がなかなかつかない。

   冬に薪が赤々と燃える暖炉はロマンチックである。また、温暖化防止に貢献しているというささやかな満足感も得られる。しかし、この先、軽油やガス代が高騰したり、炭素税が大幅引き上げにでもならない限り、経済的とはいえないし、スイッチをひねるだけで、部屋が暖まる電気、ガス、灯油を使った暖房器具と違い、実に手間暇がかかるのだ。

   ただ、人間が利便・快適さ追求した結果、環境破壊がここまで進んだ、と考えれば、エコライフに手間暇がかかるのは当たり前か。

                                        

江草由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中