エレベーターボタンが腕時計に?

印刷
本物のボタンさながら
本物のボタンさながら

   セイコーインスツル(SII)は2010年4月、オリジナルウォッチブランド「appetime(アピタイム)」から、「appetime switch(アピタイムスイッチ)」を発売する。

   「エレベーターのボタン」をテーマに、ドアの開放ボタンをモチーフにした「Open」(グリーン)や、上昇ボタンの「UP」(ピンク)、地下階の「Basement 2」(ブラック)・「Basement 1」(グレー)など、コレクションするのが楽しくなるような8モデルを揃えた。つい押したくなってしまうようなリアルな形、暗がりでもほんのり光るルミダイヤルリング、金属感のあるダイヤルなどを、ポップなカラーリングで仕上げている。

   アピタイムは、2000年からスタートした同社のオリジナルブランドで、食べ物、旅行、動物など、ユニークなテーマのコレクションを毎シーズン発表している。

   価格は6825円(税込)。<モノウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中