2018年 5月 21日 (月)

省エネ長寿命2万4000時間「エネカット32+(プラス)」

印刷
約8年間、ランプの交換がいらない省エネ照明
約8年間、ランプの交換がいらない省エネ照明

   東芝ライテックは、施設用照明器具「エネカット32」シリーズをモデルチェンジして、省エネで2万4000時間の長寿命を実現した「エネカット32+(プラス)」を、2010年5月14日に発売する。

   「エネカット32+(プラス)」シリーズは、初期照度補正機能をもつ専用インバータを新開発したことで、ランプ交換直後のムダな明るさをカット。これより、平均電力48ワットを実現。また2万4000時間の長寿命を達成しながら、従来品と同等の約44%の省エネを可能にした。約8年間、ランプの交換がいらなくなる。

   115機種の豊富なラインアップを揃えることで、さまざまシーンで省エネを実現する。希望小売価格は、1万6100円(逆富士形器具)~9万2000円(人感センサー階段灯)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中