よみがえる「江戸川乱歩」の世界

印刷
人形制作・写真 石塚公昭「帝都上空」
人形制作・写真 石塚公昭「帝都上空」

   東武百貨店は、2010年7月22日から8月4日まで、池袋店の6階美術画廊で「甦る江戸川乱歩の世界展」を開催する。

   日本におけるミステリー小説界の礎を築いた江戸川乱歩。生涯40回も住まいを変え、「引越し魔」として知られる乱歩は、東京都豊島区西池袋を安住の地とし、現在も学校の人気図書として愛される「怪人二十面相」や「少年探偵団」シリーズなど、多くの名作を生み出した。

   立教大学保管の蔵書や収集資料、当時の出版物などを通じて、その活動の一部を紹介するとともに、乱歩作品に触発された現代アーティストの作品も展示する。

   入場無料。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中