2018年 7月 16日 (月)

飛びっきり美女を同伴したい 「ARGO」でフレンチな夜

印刷
来日予定のトーマス・ペランさん(左)
来日予定のトーマス・ペランさん(左)

   東條會館が経営するフレンチレストラン「ARGO(アルゴ)」(東京・千代田区、ONE FOUR TWO by Tojo 9F)は、2010年6月26日に「シャトー・ド・ボーカステル ガラディナー」を開催する。

   フランス南東部のコート・デュ・ローヌ地方シャトーヌフ・デュ・パブ地区を代表する「シャトー・ド・ボーカステル」のワインと共に特別ディナーを楽しめる。当日は、オーナーファミリーの三男トーマス・ペインさんも出席する予定。

   腕を振るうのは「ピエール・ガニエール」など、フランスの有名料理店で修行を積んできたエグゼクティブ・シェフの山下敦司さんと、シェフ・パティシエの近藤太郎さん。

   ワインは、

「ポル・ロジェ ブリュット・レゼルブ(ウェルカム・シャンパン)」
「クードレ・ド・ボーカステル 白(2007)」
「クードレ・ド・ボーカステル 赤(2006)」
「シャトー・ド・ボーカステル 白(2007)」
「シャトー・ド・ボーカステル 赤(2006)」
「シャトー・ド・ボーカステル 赤(1995)」

の6種が提供される。

   価格は1万5000円(サ込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中