ビールが苦手な人にブルーベリー発泡酒

印刷
グラスにそそぐと、まるでワインのような濃いピンク色。
グラスにそそぐと、まるでワインのような濃いピンク色。

   長野・南木曽町のリゾート宿泊施設「ホテル木曽路」は、ブルーベリーを使った麦芽100%のオリジナル発泡酒「瑠璃彩の雫(るりいろのしずく)」を2010年6月10日に発売した。

   ホテル内の「ブルーベリーファーム」で採れたブルーベリー果実を使い、自社ビール工場「木曽路ビール」で作った新感覚のオリジナル発泡酒。「ビールが苦手な人にも飲めるお酒を作りたい」という思いから作られたという。

   ベースとなるビールにはベルギーウィートを使用。ブルーベリーの風味を最大限に生かし苦みを抑えるため、ホップの使用量は最小限にとどめた。後味はほんのり甘く、ブルーベリーのさわやかな香りが残る。

   価格は、500ml瓶×2本セットで1200円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中