「半裸男女」が路上で絡み合う カイリー・ミノーグPVの過激度

印刷
アフロディーテ(エクスペリエンス・エディション)

カイリー・ミノーグ
『アフロディーテ(エクスペリエンス・エディション)』
初回生産限定盤
TOCP-66949(CD+DVD)
3800円
6月30日発売
EMIミュージック・ジャパン


   最近感じるところがある。それはエンタテインメントの世界、ことに歌の世界は、明らかに女性上位だということ。

   その証拠のひとつが、単体というか、グループではなく個人で活動し活躍しているアーティストの大半が女性だということ。

「おいおい! これってあり? ありかもね…」

   男はどうしているかというと、グループを組んで活動をしている。

   この差は21世紀に入っていよいよ顕著だ。

   女性は個としてアイデンティティを明確にし、男は群れている。

   なんだか、世界的な傾向である。

   ここにまた、女神と自分で言ってしまった女性アーティストが登場する。彼女のこの言い切り方には「確かに!」みたいな納得の仕方をさせられる。ことに、11枚目のニューアルバム『アフロディーテ』(ね!!)からの1stシングル「オール・ザ・ラヴァーズ」のPVを観ると、「おいおい! これってあり? ありかもね…」ってなことになる。

解禁してまもなく世界で1000万view

   LAの路上で撮影され、半裸の男女が絡み合う過激かつセクシーなビデオなのだが、その半裸の男女の数がドンドンと増殖し、ヒューマンピラミッドを形成、アフロディーテを名乗る女性アーティストがそのピラミッドの頂点で歌い続ける。

   それが"クイーン・オブ・ダンスフロア"と称されるカイリー・ミノーグなわけだ。

   カイリーは1980年代から活動し、すでに全世界で6000万枚のCDを売り上げているまさにミューズなのだが、今回は"アフロディーテ"なわけだ。

   その過激なPVは5月末に解禁になり、全世界で瞬く間に1000万viewを越えた。ニューアルバムは7月初旬の世界発売に先駆けて、ここ日本で6月30日に先行発売される。

   それにしても、マドンナ、レディー・ガガ、ケイシャ、そしてカイリー……女性アーティストの自信に溢れたパフォーマンスからは本当に目が離せない。

   どこでこんな風な男女の差がついてしまったのか、どこかで検証する必要がありそうな気がする。

加藤 普

【アフロディーテ  収録曲】
[CD]
1. オール・ザ・ラヴァーズ
2. ゲット・アウタ・マイ・ウェイ
3. ハンズ・アップ(愛を感じて)
4. クローサー
5. エヴリシング・イズ・ビューティフル
6. アフロディーテ
7. イリュージョン
8. ベター・ザン・トゥデイ
9. トゥー・マッチ
10. キューピッド・ボーイ
11. 天使を探して
12. 愛の鼓動
13. ハートストリングス(日本盤のみのボーナス・トラック)

[DVD]
1. ホワイト・ダイアモンドのテーマ(ライヴ) *日本語字幕付
2. ホワイト・ダイアモンド(ライヴ)
3. コンファイド・イン・ミー(ライヴ)
4. アイ・ビリーヴ・イン・ユー(ライヴ)
5. 「オール・ザ・ラヴァーズ」ビデオ・メイキング映像 *日本語字幕付
6. 『アフロディーテ』アルバム・フォト・セッション映像 *日本語字幕付
7. 『アフロディーテ』フォト・ギャラリー

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中