【Paris発】アニメあり、着物、ゴスロリあり 18万人熱狂「ジャパン・エクスポ」

印刷

   毎年7月はじめごろにパリ・ノール見本市会場で開かれる、ヨーロッパ最大の日本見本市、ジャパン・エクスポ。第1回目の入場者は3000人ほどだったそうだが、10回目の去年は16万人、そして今年は18万人が予想されている。

   開場30分前にはすでに長蛇の列ができ、一番混雑する土曜の午後は入場までに3時間近くかかる、なんて噂も。ジャパン人気を支えているのは中高校生を中心とした若者たちだ。

年々増える出展企業

我武者羅應援團と声を張り上げるコスプレのパリジェンヌ
我武者羅應援團と声を張り上げるコスプレのパリジェンヌ

   エクスポ開場には仏訳された日本のコミック、DVDからアニメのキャラクターグッズ、着物、ゴスロリ服、日本食品などを展示販売するブースが並ぶ。特設会場では、和太鼓、日本舞踊、空手のデモンストレーションが繰り広げられる。その間を、日本の人気アニメやコミックの主人公に扮したり、着物やゴスロリ系の服を着たりしたコスプレ集団が練り歩く。

   日本からのゲストも年々豪華になり、今年はモーニング娘、聖飢魔IIのステージに若いファンたちが熱狂した。最近は、市場開拓を求め、日本からやって来る出展企業も増える傾向にあり、コミックやゴスロリ系雑誌の出版社、食品メーカー、日本語学校などのブースも軒を連ねた。

   ジャパン・エクスポの評判を聞き、日本からやって来た我武者羅應援團は、メインステージで応援曲を披露すると同時に、開場各地で出展者や個人入場者たちを「応援」して回っていた。

   「日本が好きなフランス人たちの予想以上のエネルギーに驚きました。また、フランスの若者は目がきれいで、自分の好きなもの、情熱を打ちこむものが明確。それから家族を大切にしている優しい人が多い。というのも誰(何)を応援してほしいか尋ねると、自分の家族を応援して、と頼む人がほとんどでしたから」と團長の武藤貴宏さん。

ジャパン好きな若者たちは心優しく、行儀がいい?

和小物のブースを物色するプリンセス
和小物のブースを物色するプリンセス
ド派手!だけどとても感じのいい少女たち
ド派手!だけどとても感じのいい少女たち

   確かに、ド派手なコスプレ姿の若者たちが、時には一人で、時には仲間と会場を闊歩しているが、概して彼らは行儀がいい。いたるところで配られる宣伝チラシを嫌な顔せず「メルシー(ありがとう)」と言って受け取り、カメラを向けられると、こころよく被写体となりお礼を言うと、にっこり笑って「どういたしまして」。

   日本から来たビジネスマンも「暗いオタクっぽい子たちが集まって来るのかと思ったら、普通の感じのいい子どもたちばかりですね」。電車の座席に靴をはいたままの足をのっけたり、道でつばを吐いたりしているフランスの若者をよく見るので、確かに、日本ファンはお行儀がいい子の割合が高いかも、と考えるのはひいき目か?

   帰りの電車の中では、楽しそうに仲間と声をそろえてアニメ主題歌を歌い、会場で知り合ったらしいジャパン・ファン同士が「また、来年のジャパン・エクスポで!」なんて声をかけあっているのを見ると、日本人として少しうれしくなる。

江草由香

【プロフィル】
江草由香(えぐさ ゆか)
フリー・編集ライター。96年からパリ在住。ライターとして日本のメディアに寄稿しながら、パリ発日本語フリーペーパー『ビズ』http://www.bisoupfj.comの編集長を務める。著書は芝山由美のペンネームで『夢は待ってくれるー女32才厄年 フランスに渡る』。趣味は映画観賞。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中