「VAMPS」、六本木でニューアルバム「BEAST」発売記念イベント開催 Ustreamなどで同時配信も

印刷
約3000人が熱狂した
約3000人が熱狂した

   人気ロックバンド「L'Arc-en-Ciel」のボーカルHYDEと「Oblivion Dust」のギタリストK.A.Zの2人からなるロックユニット「VAMPS(ヴァンプス)」が、彼らにとって2枚目となるニューアルバム『BEAST』の発売(2010年7月28日)を記念して、7月30日に都内で無料イベント「VAMPS FREE LIVE @ ROPPONGI HILLS ARENA」を開催した。

   ライブは、当日まで会場が明かされておらず、正午にインターネット上でいっせいに情報公開されると、VAMPSタオルを首から下げたファンが会場に続々と集結。開演の18時には、約3000人の観客が六本木ヒルズアリーナを埋め尽くした。

「今ちょうどツアー中で、VAMPSがすごくいい状況なので、そんな時にこういう場所で見てもらえるのはすごく光栄。ライブ映えするアルバムができたので、演奏できるのは楽しみ」

   ライブ前にこう語っていたHYDEは、ニューアルバム収録曲「DEVIL SIDE」でスタート。「一緒に歌おう!カモン、ビースト」と叫んで、観客と一体となってステージを盛り上げた。また、観客席にむかって水をかけながら、

「気持ちいいかい? 今日はいろんなところから見られている気がする。世界中に君たちのカッコいいところを見せてやれ!君たちがカッコいいのが俺の自慢だから」

と言ってノリノリ。観客もタオルを回したり、投げたりして応え、それぞれ楽しんでいた。「ANGEL TRIP」「REVOLUTION」など8曲を熱唱した。

   なお、同イベントは主要インターネット中継メディア(SYNC MUSIC JAPAN(USTREAM on MySpace)、Yahoo!ミュージックライブ、ニコニコ生放送、NEXUS、mu-moてれび)での完全同時生中継を実施。これは世界初の試みで、会場の様子は全世界に配信された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中