【NY発】珍しい「NY産」ウィスキー ゼロから仕込んだこだわり

印刷

   レストランでもバーでもカウンターが好きな友達がいます。バーテンダーやサービススタッフとの距離の近さや、テーブルを少人数で占拠しているでもない気兼ねなさなど、座ってみるとカウンターって結構いいものです。そして、居心地のいいカウンターが多いのもニューヨークの魅力の一つ。

   先日、バーテンダーが、「今日、セールスマンが持ってきたウィスキー。これニューヨーク産なんですよ。珍しいでしょ」と、ボトルを見せてくれました。

「自分達の飲みたいウィスキーを作りたい!」

仕込み中のラルフ・エレンゾさん
仕込み中のラルフ・エレンゾさん

   1919年、アメリカで始まった禁酒法によって、ニューヨークに1000軒以上もあった蒸留所は、全て廃止となりました。それから86年後の2005年、マンハッタンから90マイル北上したハドソン渓谷にある小さな町ガーディナーに「タットヒル蒸留所」が誕生したのです。バーテンダーが紹介してくれたウィスキーは、ここから生まれた物だったのです。

   ニューヨーク生まれで、35年間蒸留所勤務の経験のあるラルフ・エレンゾさん、エンジニアだったブライアン・リーさんら3人が「自分達の飲みたいウィスキーを作りたい!」と、築220年の粉引き小屋を改装して蒸留所を作り、2001年、ゼロからの仕込みを始めました。

   「うちの1年の生産量は、大手の蒸留所が1日に、こぼしてしまう量ほどの超マイクロ蒸留所なんですよ。地元産のコーンで仕込んだコーンウィスキー、それをアメリカンオークの樽でエイジングしたバーボン、ライウィスキーなど7種類のウィスキーに、ラム、ウォッカも生産しています」と、ラルフ・エレンゾさん。

一から仕込むから出せる個性的な味

パークアベニューではなく、マディソンアベニューに立地する老舗酒屋

パークアベニューではなく、マディソンアベニューに立地する老舗酒屋
パークアベニューではなく、マディソンアベニューに立地する老舗酒屋

   仕込みから樽詰めまで、毎回、一から仕込むので、それぞれのバッチは、それぞれ微妙に違う個性的な味だそう。壜には、バッチごとのシリアルナンバーがふられています。ちなみに、週末には蒸留所内ツアーがあり、ツアー後はティスティングルームで味見もできます。

   「そんな遠くまで行けない!」という方、ご安心あれ。1934年から続くニューヨークの老舗酒店「Park Avenue Liquor Shop」では、ライ、バーボンのほかに当店だけの特別限定版「パークアベニューウィスキー」の購入が可能。この夏、ニューヨークのお土産に、Made in NYのウィスキーはいかがでしょう。

坂本真理

【プロフィル】
坂本真理(さかもと まり)
明治大学卒業後、在日米空軍横田基地で写真中隊に勤務。ロータリークラブ大学院奨学金で、アメリカ留学後、東京で「AERA」や「Hanako」など雑誌の写真の仕事をし、99年からニューヨークのアッパーウエストサイドに在住。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中