ロック&クラシック融合する 「スティング」ニュー・アルバム

印刷
シンフォニシティ

スティング
『シンフォニシティ』
限定盤 (SHM-CD+DVD) UCCH-9009
3200円
通常盤 (CD) UCCH-1030
2500円
8月18日発売
ドイツ・グラモフォン/ユニバーサル・クラシックス


   ロックをクラシック的に解釈し直して演奏することや、クラシックをロック的に解釈して演奏することは良くあることで、ビートルズの楽曲のオーケストラ・バージョンなどは良く聴く。クラシックのロック的展開となると、ELPの『展覧会の絵』が有名だが、それほどストレートでなく、クラシック楽曲の一部を取り込んだロックは数多い。

   それでもそうした試みは、意外にトリッキーな印象を与えかねない。ことにクラシックがロックを取り込む場合にはどうしても、クラシックとしての正統な扱いは望むべくもなく、キワモノとは言わないにせよ、やはり傍流としての扱いがほとんどだ。

   そうではあるのだが、このスティングのニュー・アルバムは、別格という感じがする。

   1曲目の「ネクスト・トゥ・ユー」、のっけからスタッカートを刻むストリングスの圧力に度肝を抜かれる。そこにスティングの強いヴォーカルが絡み、絶妙の音場を形成していく。全12曲+ボーナストラック3曲、すべてはスティングなのだが、すべては英国の名門=ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラの紡ぎだす絶妙なオーケストレーションに包まれている。

   収録されているのはスティングのキャリアの出発点であったポリス時代の楽曲、ソロになってからの代表曲で、このアルバムのために名門オーケストラとの共演による新たな解釈で再録音されている。

   そういう意味ではスティングの飽くなき音に対する探究心と冒険心で出来上がったアルバムと言えるのだが、なにしろビックリしたのはクラシックの超名門レーベルである、ドイツ・グラモフォンからリリースされていること。

   ちなみに、先行して発売されていたアメリカでは7月31日付で、全米クラシカル・アルバム・チャートNO.1!! に輝き、アルバムの総合チャートでも、初登場6位となっている。

   アルバム・タイトルは、もちろんスティングの名盤『シンクロニシティ』を意識したもの。

加藤 普

【シンフォニシティ 収録曲】
1. ネクスト・トゥ・ユー
2. イングリッシュマン・イン・ニューヨーク
3. マジック
4. アイ・ハング・マイ・ヘッド
5. ユー・ウィル・ビー・マイ・エイン・トゥルー・ラヴ
6. ロクサーヌ
7. ホエン・ウィー・ダンス
8. エンド・オブ・ザ・ゲーム
9. 君に夢中
10. 黒い傷あと
11. シーズ・トゥ・グッド・フォー・ミー
12. パイレーツ・ブライド
◆日本盤のみボーナス・トラックとして以下の3曲を特別収録!!
13. ストレート・トゥ・マイ・ハート
14. ホワイ・シュッド・アイ・クライ・フォー・ユー
15. ホェンエヴァー・アイ・セイ・ユア・ネーム
■DVD(限定盤のみ):ボーナス・ドキュメンタリーDVD "シンフォニシティ"収録

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中