2019年 5月 21日 (火)

切り取られた女子高生の一瞬、いま蘇る儚く残酷な「思春期」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   エッチな感情が頭の中を占拠する思春期。男子は、はちきれんばかりの衝動にかられながら悶々(もんもん)とした気持ちで日々をやりすごす。あの時代は何だったんだろう。

ピエブックスから2010年10月20日に発売された新刊本『思春期』が話題を呼んでいる。

顔を見せない女子高生たち

『思春期』(ピエブックス)
『思春期』(ピエブックス)
ピエブックスから2010年10月20日に発売された新刊本『思春期』が話題を呼んでいる。

   登場するのは、顔を見せない女子高生たち。制服だったり、体操服だったり、水着だったり・・・。なにげない日常のワンカットが、それも体のパーツのエロチシズムを携えて、紙面に踊る。ヒザ下についたソックスのゴムの跡が、セーラー服からのぞく下着が実に生々しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中