2018年 7月 18日 (水)

燃費を大幅改善、新型「CLクラス」

印刷
精悍(せいかん)なフロントデザイン
精悍(せいかん)なフロントデザイン

   メルセデス・ベンツ日本は2010年11月8日、クーペの最高級車「CLクラス」を一部改良して販売を始めた。排気量4.7Lエンジン搭載の「CL550 BlueEFFICIENCY」から同6.0Lの「CL65 AMG」まで4車種を展開する。

   車体前部と後部の形状見直しで、高級感を向上させたほか、一部車種はアルミホイールのデザインも変更。また、エンジンも刷新し、最上位モデル「CL65 AMG」を除く3モデルでは、排気量を従来比0.8L引き下げつつ、出力を2%~12%高め、燃費も30%~50%程度改善している。

   価格は1630万円~3020万円。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中