写真だって3Dで見れちゃう! ドコモから冬春モデル「スマフォ」

印刷
「LYNX 3D SH-03C」、「BlackBerry Curve 9300」、「HW-01C」(写真左から)
「LYNX 3D SH-03C」、「BlackBerry Curve 9300」、「HW-01C」(写真左から)

   NTTドコモは2010年11月30日から順次、2010-2011冬春モデル3機種として、ドコモスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」と「BlackBerry Curve 9300」、モバイルWi-Fiルーター「HW-01C」を発売する。

   「LYNX 3D SH-03C」はAndroid搭載のシャープ製のスマートフォン。3Dタッチパネルスに対応し、大画面で迫力の映像を楽しめる3.8インチ液晶で、専用メガネをかけなくても3Dコンテンツを見ることがきできる。また、静止画を3D変換し立体表示する「ワンタッチ3D変換」の機能のほか、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線、ハイビジョンムービー撮影対応CCD 960万画素カメラなども搭載。カラーは「Pure White」「Ink Black」「Fairy Blue」。

   「BlackBerry Curve 9300」は、小型軽量でQWERTYキー、トラックパッド搭載しており、ふだん使っている会社やプロバイダからのメールも、受信をPUSH方式で自動的に知らせる機能が便利。また、モバイルWi-Fiルーター「HW-01C」は、FOMAのつながるエリアでWi-Fi対応機器をインターネット接続できるもの。iPadなどタブレット端末やノートパソコン、ニンテンドーDSなどゲーム機などを最大5台まで同時接続できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中