「亀山社中」の精神呼び起こす RYOMAベンチャー検定

印刷

   京都大学起業教育研究プロジェクト実行委員会は、「第1回 RYOMAベンチャー検定(正式名称:起業能力検定試験) 初級レベル」を2011年1月30日に実施する。

   主な対象は小学生高学年、中学生、及びその保護者となっているが、誰でも受験することができる。

   受験者は先着250人を予定しており、年内に受験票、教材(学習用テキスト/無料配布)、ならびに検定の詳細を送付する予定だ。

   受け付け期間は2010年12月24日(必着)まで。受験料は無料(検定試験に関わる郵送手数料の一部である500円を除く)となっている。

   「次世代の日本を背負う若い人材のベンチャー精神の滋養と育成」を目的とし、今後も体系的な起業教育のための教材の開発、無料講習会などを開催していく予定という。

   詳細は京都大学VBL(ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー)HPから。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中