スタンダードでも心地いい 「フライド・プライド」新譜に込められた「哲学」

印刷
フォー・ユア・スマイル

フライド・プライド(FRIED PRIDE)
フォー・ユア・スマイル
VICJ-61647
3150円
2月2日発売
Victor


   日本の女性ジャズ・シンガーというと、1970年代頃から、「美人シンガー」でなきゃといった流れがあったような気がする。と同時に、なにか女性的なたおやかさを持った声が主流だったとも思う。たとえば日本を代表する女性ジャズ・シンガーである阿川泰子のような。

   それが21世紀に入ると、多くの個性的なシンガーが登場してきた。綾戸智恵のような「なにもそんなところにこだわらんでも良かろう」という流れもできてきた。雰囲気で流れていくような歌ではなくて、溝口恵美子、仲宗根かおるらのような、はっきりとした主張が垣間見える歌こそ「ジャズ」!的な感じでしょうか。

ジャズ・ヴォーカルの新たな境地へ

   そんな中、2001年にアメリカの名門ジャズレーベル「コンコード」から、『FRIDE PRIDE』でアルバムデビューしたフライド・プライドは、当時の印象としては、まったく新しいジャズ・ヴォーカルの地平を拓いて見せたという気がしていた。

   まず、フライド・プライドというユニットのユニークさ。ギターとヴォーカルというライヴ可能な最小の単位で、しかもそれがすべて。レコーディングに参加するミュージシャンはいるけれど、基本はエラ・フィッツジェラルド+ジョー・パスのように、ヴォーカル・shiho+ギタリスト・横田明紀男の二人。それでありながら、作り出される世界観は豊穣で、唯一無二。

   とくに、shihoの歌声は、それこそ一度聴いたら忘れられない類いの声、そしてヴォーカル・テクの確かさといったら。横田のいわゆる超絶技巧ギター・テクにも、驚かされ舌を巻く。

Barで心地よく流れるBGMのように?

   そして、コンスタントにアルバムを出し続けて、通算8枚目のこのアルバムが『フォー・ユア・スマイル』。これがまた、これまでの7枚と趣が異なり、大スタンダード大会。でも、それが良いのだ!

   「Barで心地よく流れるBGMのような作品を作りたくて、肩の力を抜いて歌いました。聴いてくれた方に自然とSmileがこぼれますように♪」とはヴォーカルのshiho。

   彼女はそう言うけれど、聴く側としてはBGMを聴くようには、肩の力は抜けない。キチンと語りかけてくる歌声にハッキリと反応してしまうのだ。

   ギタリストの横田は「スタンダードに対峙する上で問われるのはアーティストの人間性や哲学。誰にも似ていない『You'd Be So Nice To Come Home To』や聴いたことのないアレンジの『A Night In Tunisia』など、フライド・プライドのものとなった楽曲に触れてほしい」と言っている。むしろ、こちらの引き受け方をせざるを得ないだろう。まずは一聴に値する名盤!

【フォー・ユア・スマイル 収録曲】
1. ドント・レット・ミー・ビー・ロンリー・トゥナイト
2. ガール・トーク
3. チュニジアの夜
4. 愛ある限り
5. オンリー・ユー
6. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
7. サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
8. ワン・ノート・サンバ
9. ソー・イン・ラヴ
10. 二人でお茶を
11. BAD
12. 恋愛PUZZLE(ホエン・ウィ・セイ・グッバイ)
13. ラズマタズ
14. スマイル

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中