「慶應」メディア研究科がエクスデザイン展、18日から

印刷

   慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラムは合同成果発表会「XD(エクス・デザイン)展」を、東京・品川区の東京デザインセンター「ガレリアホール」で開催する。期間は2011年3月18日~20日で入場は無料。

   同研究科では、音楽・映像・メディアアート・ロボットなど多分野にわたる教員のもと、学生が分野の垣根を越えた研究を行い、統合的なデザインの創造と理解に励んでいる。発表会では、坂井直樹 研究会(プロダクトデザイン)、筧康明 研究会(インタラクティブメディア)、山中俊治 研究会(インダストリアルデザイン)など7研究会が出展し、日ごろの成果を発表する。

   また、第一線で活躍するクリエイターを交えたトークディスカッションも開催。3月19日には、クワクボリョウタ氏(メディア・アーティスト)と田川欣哉氏(takram design engineering代表、デザインエンジニア)、3月20日には猪子寿之氏(チームラボ代表)が来場する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中